月刊ちょっと役立つお話
塾長日記 塾長の日記を随時、更新しています。
教室からのお知らせ 教室からのお知らせをお届けします。
月刊ちょっと役立つお話
所在地マップ
よくあるご質問
生徒・保護者の声
合格実績
高校入試情報
高校入試合格目標偏差値
京都公立・私立 中学・高校リンク集
お友達塾のHP
現在位置 : ホーム > 月刊ちょっと役立つお話

月刊ちょっと役立つお話

2016年6月号 『モヤモヤした時はトコトン!』の話

人間はいつも同じ状態とは限りません。みなさんたち学生もそうですね。
特に受験生になると、勉強に対する意識が高まってストレスもたまってきます。

そして意外に多いのが、さほど勉強していないのに、ストレスがたまるという声です。
たぶん今までまとまった勉強をやってこなかったので、耐性ができていないのですね。
だから少し勉強しただけでも疲れてしまいます。
また、こういう生徒もいます。「勉強をやらなければならないとわかっているのに、なかなかできない・・」そのことでも精神的なストレスはたまっていまいます。

しかし、このような生徒は、はっきり自分ではストレスの原因がわからないものです。いわゆる"モヤモヤ“な状態になります。

それなら「一度1日、朝から晩まで12時間くらい勉強してみる!」または、逆に「1日あえて勉強のことを忘れてとことん好きなことをしてみる」こともいいでしょう。

まずは前者について書きます(^^)

今まであまり勉強していない人がいきなり長時間勉強するのは、相当大変なことですね。ですが一度やり遂げると、「自分でもこんなに長い時間勉強できるんだ!」という自信が生まれ、自分の可能性に気付きます。その際、まずは始める前に、必ずやることを決め、必ずやる!と意気込んで始めましょう。でないと途中で気が散り挫折しやすくなります。
ここからここまで覚える!問題集は○ページから△ページまでは必ずやる!などと決めるのです。
「勉強のストレス」というのは、勉強のしすぎでたまる場合もありますが、「勉強をしなければならないのにやっていない自分に抱くストレス」というのもあるのです。それなら単純に、トコトンやってみて、モヤモヤを吹き飛ばすのです

そしてそれができない場合・・、開き直って、「今日は中途半端に勉強をせず好きなことをするぞ!」と決めて、興味のあることに没頭してみるのもいいでしょう。
その代わり、明日からはコンスタントにやる!と決めておくことが必要ですが・・。

何事も中途半端にダラダラやるより、すかっとした気持ちで集中してやる方がいいのです。
そういう状況を自分で作ってきましょう!


宇治市小倉近郊の皆様へ MARKUPの個別指導を体験 無料授業体験・資料請求 受付中!

Copyright (C) 2009 個別指導の塾 MARK UP/京都・宇治 All Rights Reserved.