月刊ちょっと役立つお話
塾長日記 塾長の日記を随時、更新しています。
教室からのお知らせ 教室からのお知らせをお届けします。
月刊ちょっと役立つお話
所在地マップ
よくあるご質問
生徒・保護者の声
合格実績
高校入試情報
高校入試合格目標偏差値
京都公立・私立 中学・高校リンク集
お友達塾のHP
現在位置 : ホーム > 月刊ちょっと役立つお話

月刊ちょっと役立つお話

2016年3月号 『一気に集中!少し休憩』の話

皆さんは、よく「1日できるだけ多く勉強しよう。」などと言われていることと思います。当塾の生徒でも、テスト前に1日8時間やるぞ!というような目標を立てている生徒をたまに見ます。しかし、これを『言うは易く、行うは難し』です。8時間もの間、集中力を維持するのはかなり大変ですね。

そこで集中する時間を小さく分けて勉強することをお勧めします。
特に暗記作業は単調になりがちなので、小分けにおぼえていくのが有効です。

たとえば・・10分集中したら、2分ほど休憩、そしてまた10分・・。それを5回繰り返します。トータル1時間、そのうち約50分暗記約10分休憩を1セットとするのです。

それに対して、よーし100個単語暗記するぞ!と意気込んで始めても、ダラダラ進めてしまうものなのです。

そうではなく10分で10個覚えようという目標だと集中しやすいのです。

そして2、3分の休憩で、次の暗記作業に向けて、頭を休められると同時に、さきの単語が完全に脳に入っていくのです。そういったメリハリとリズムがあるような覚え方が効果的なのです。

また休憩時間には自分へ小さいご褒美をあげるようにするのも集中力につながりやすいでしょう。(たとえば好きなお菓子を食べる。お気に入りの歌手の曲を1曲聴くなど・・)

人間には『状況に応じて変化する性質』があります。速く覚えようとすると、脳が速く動くようになっています。つまり速いスピードに脳が慣れてくるのです。逆にゆっくり時間があると思うと、ゆっくりしたスピードに脳が慣れてしまうのです。

スポーツでもスピードが求められるように勉強も速いにこしたことはありません。もちろん焦らずやる必要ありますが・・。大いに速さに磨きをかけてください。


宇治市小倉近郊の皆様へ MARKUPの個別指導を体験 無料授業体験・資料請求 受付中!

Copyright (C) 2009 個別指導の塾 MARK UP/京都・宇治 All Rights Reserved.