月刊ちょっと役立つお話
塾長日記 塾長の日記を随時、更新しています。
教室からのお知らせ 教室からのお知らせをお届けします。
月刊ちょっと役立つお話
所在地マップ
よくあるご質問
生徒・保護者の声
合格実績
高校入試情報
高校入試合格目標偏差値
京都公立・私立 中学・高校リンク集
お友達塾のHP
現在位置 : ホーム > 月刊ちょっと役立つお話

月刊ちょっと役立つお話

2013年12月号 『悩んだら・・』の話

 悩んでいることがあると、毎日があまり楽しくないですよね・・そんな時あなたはどうしていますか?
 例えば・・・、「どうしてクラブでレギュラーになれないんだろう。」などは、自分で解決するのも難しそうですし、なかなか答えが出そうにありませんよね。
 しかし、答えに近づけるかもしれない方法があります。
 悩みが出てきたときに、「なぜ」という問いかけを2、3回繰り返してみましょう。そして、その解決策が出るまでじっくり考えるのです。



例えば、先ほどの「レギュラーになれない。」という悩みだったら
「なぜレギュラーになれないんだろう?」

「同じポジションの○○君の方が上手いから。」

「なぜ○○君の方が上手いんだろう。」

「自分より体力があるし、運動神経がいい。」

「じゃあ、毎日夜寝る前に腕立て伏せと腹筋を各20回をして筋力をつけて、せめて○○君には筋力では負けないように頑張ろう。やるだけやって負けたら補欠の一番手にはなるようしよう」
または
「うーーん、○○君にはどうしても勝てないな・・。でもレギュラーになれなくてもクラブはがんばろう!きっとこの経験が社会に出たら弱者の気持ちがわかることにつながり、きっと何かに生かせられるだろう」
という解決策でもいいでしょう。でも“あきらめ”ではなくて、“努力して割り切る”ことが望ましいでしょう。

とにかく「なぜ」を問いかけて、解決策が出るまで繰り返してみてください。この訓練が今だけでなくこれからの人生にもとても役立ちます。
たいていの人は反省をしても、なぜは1回までだったり、また解決策を考えないで止まります。しかし、解決策が出るまでと思いながら考えていくと、悩みの本質→解決策に近づくことができます。

また学習面で考えてみましょうか。たとえば「なぜ成績が上がらない。」だと、初めは『頭が悪い』や『努力しないから』くらいで終わりますが、繰り返すうちに最後に具体的な方法を考えることになると思います。『1日30分からスタートする』とか、『通知表をもらうときのことを思い浮かべる』とか、『将来の夢を考える』など、色々な解決策が出てきそうです。


やってみると分かるのですが、でもこれは結構きついものです。自分の弱い部分と向き合うのですから・・・。
しかし、頑張って解決策を絞り出してみてください。

そうすれば、すっきりした毎日が送れます!

さあ、来年はこのやり方で、悩みをすぐ解決できる年にしてください!


宇治市小倉近郊の皆様へ MARKUPの個別指導を体験 無料授業体験・資料請求 受付中!

Copyright (C) 2009 個別指導の塾 MARK UP/京都・宇治 All Rights Reserved.