月刊ちょっと役立つお話
塾長日記 塾長の日記を随時、更新しています。
教室からのお知らせ 教室からのお知らせをお届けします。
月刊ちょっと役立つお話
所在地マップ
よくあるご質問
生徒・保護者の声
合格実績
高校入試情報
高校入試合格目標偏差値
京都公立・私立 中学・高校リンク集
お友達塾のHP
現在位置 : ホーム > 月刊ちょっと役立つお話

月刊ちょっと役立つお話

2013年1月号 『やるかやらないか』の話

もし、「1億円ほしいです!と1か月毎晩3回口にしたら1億円が手に入る」と言われたらどう思いますか。
やってみますか?きっと初めから疑ってやらないと思います。

さて、このことをある人が実験的に10人の前でしました。

そして、1ヶ月後この10人に「1億円欲しいとつぶやくのを継続している人はいますか?」と聞いたところ、1人も継続していなかったそうです。
それどころか、ほとんどの人がこの話すら聞かれるまで忘れていたそうです。

たいていの人は誰でも小さいころは、大きな夢や憧れの職業があったりするものです。しかし、それを実現するのは難しいし、きっと大変なんだろうな、自分では無理だろうな。という理由でいつの日か諦めてしまいます。

しかもこの実験のように、ただつぶやくだけでいいという、簡単な方法を教えてもらっても継続して実践する人はほとんどいません。

つまり、「私には出来ない。」「そんなことはやっても無理だ。」と思った瞬間から、もう可能性はゼロになってしまいます。

さて、この話をあなたに当てはめてみてください。僕はどうせやっても成績が上がらないとか、毎日クラブで疲れているから普段は勉強しないとか、テレビが面白いから見てしまうとか

出来ない理由をつけている以上は、やる気と素直さが足りません。本当の「やる気」があり、頑張れば実現するという「素直」な気持ちがあれば、一切言い訳にせず取り組むはずです。

「〜〜だから出来ない、出来なかった」ではなく、やろう!の気持ちに切り替えてみてください。

Point ⇒「素直」な気持ちで「やる気」になってみよう!

宇治市小倉近郊の皆様へ MARKUPの個別指導を体験 無料授業体験・資料請求 受付中!

Copyright (C) 2009 個別指導の塾 MARK UP/京都・宇治 All Rights Reserved.