月刊ちょっと役立つお話
塾長日記 塾長の日記を随時、更新しています。
教室からのお知らせ 教室からのお知らせをお届けします。
月刊ちょっと役立つお話
所在地マップ
よくあるご質問
生徒・保護者の声
合格実績
高校入試情報
高校入試合格目標偏差値
京都公立・私立 中学・高校リンク集
お友達塾のHP
現在位置 : ホーム > 月刊ちょっと役立つお話

月刊ちょっと役立つお話

2011年10月号 『本当の学習法』の話

思うように成績が上がらないなぁ・・・。というとき、勉強の仕方をもう一度見直してみましょう。

効率の良い学習はインプット→アウトプットのワンセットから成り立っています。

まず、「インプット」つまり、頭の中に色々な知識を詰め込みます。

例えば教科書を読んだり、英単語を暗記したり、算数・数学の公式や解き方を覚える・・・。などなど。
これでも確かに学習ですがこれだけでは、なかなかテストなどで思ったように成果が出ないのです。

成果を出す、つまり完全に自分のものにする方法は、これにさらに、「アウトプット」を行います。

アウトプットとは「出す」ということ。先ほど入れた知識をどこかに出さなくてはいけません。

覚えた知識を出すということは、「問題を解く」と言うことです。

ですから、「覚える」→「それを利用した問題を解く」という作業をワンセットにして学習してみてください。

「勉強をしているのに成績が上がらない。」という人の多くは、どちらかにかたよっている場合が多いです。

例えば、ひたすら歴史の言葉を覚えたけれどもワークはあまり解いてはいない。
↑このケースはインプットに偏っています。

さらに、きちんと暗記をしていないのに、ワークをひたすら解く。
↑これはインプットをしていないのに、アウトプットばかりしているケースです。

今の自分の学習を見て、どちらかだけになっていませんか??

ただ、勉強をした!というだけではなく、「何を」したのかしっかりと見るようにしましょう!


宇治市小倉近郊の皆様へ MARKUPの個別指導を体験 無料授業体験・資料請求 受付中!

Copyright (C) 2009 個別指導の塾 MARK UP/京都・宇治 All Rights Reserved.