MARKUPの塾長日記・お知らせ
塾長日記 塾長の日記を随時、更新しています。
教室からのお知らせ 教室からのお知らせをお届けします。

最近の投稿

アーカイブ

月刊ちょっと役立つお話
所在地マップ
よくあるご質問
生徒・保護者の声
合格実績
高校入試情報
高校入試合格目標偏差値
京都公立・私立 中学・高校リンク集
お友達塾のHP
現在位置 : ホーム > 塾長日記・お知らせ
新学期です!
2010年9月2日

7月下旬から始まった夏期講習期間も昨日で終了しました。

塾生の皆はよく頑張っていたと思います。

今年は、「脱ゆとり教育」のためか、学校の宿題がまた以前のような量に増えたように感じました。

そしてその進捗状況(消化状況)が生徒によってまちまちだったのが、とても印象に残りました。^_^;

①先に終わらせようとする生徒。夏休み前半には主要な宿題をすべて終えていた。

②ボチボチとマイペースで進めている生徒、均等にこなすので、終盤でも残っていたがさほど多くは残っていなかった

③夏休み終盤まで半分以下の消化状況で、最後の数日間でハイピッチで取り組み出す生徒。

皆さん、皆さんのお子さんはどのタイプでしょうか?(^^)

どれがいいかという話はおいといて、本当、人間の性格とはこういう面でも現れるな〜と思いました。

うちは個別指導の塾の中でもひときわ一人ひとりに合わせて指導していくのが特徴の個別指導塾ですが、今年ほど毎回の生徒との学習打ち合わせが重要だと実感した年はありませんでした。

せっかく用意している塾の問題集をがんがんさせたくても、学校の宿題を自力でできない生徒には学校宿題を持ってこさせてそれを中心に据えて進めることもあります。もらってる解答を丸写しや友達に見せてもらってやるくらいなら、塾ではわからない問題をヒントを出しながら考えさせていくやり方です。

生徒によっては、塾の夏休み用教材は絶対夏休み中に終えなくてもいいという意識がどこかにあって、100%の力で終わらせようとしない生徒がいます。でも、学校の宿題は終わらせようとしますので、そこの気持ちを使って学力も上げようと考えてのことです。

甘いように感じ、葛藤もあります。でもそのあたりは生徒の特性をみての判断です。

なかなか大人の思い通りにならないのが、こどもですしね・・

またこの夏、この仕事の奥深さを実感しました。(^^ゞ

では2学期も頑張ります!!

この記事を読む

宇治市小倉近郊の皆様へ MARKUPの個別指導を体験 無料授業体験・資料請求 受付中!

Copyright (C) 2009 個別指導の塾 MARK UP/京都・宇治 All Rights Reserved.